施設入居を親にあおるには?

介護を必要とする親に病院に入居やるとお願いするのは勇気のいることです。一緒に住んで在宅介護をしている方はさらにかもしれません。
どこまで介護なる本人が理解しているのかにもよりますが、認知が多少あっても話している内容や雰囲気で察知し「私は施設に入るの?」と不安な顔をなる場面もみられたり行なう。しかし、介護度が激しくなればなるほど専門家のいない自宅での介護は簡単なことではありません。
ほかの家族の負担も尋常ではない場合もあり、労力疲れだけではなく精神的にも困り悩むことも多いのです。
中には元気なころに「未だに俺は元気だけど、介護が必要になったら施設に入れていいからな!」なんて潔くいう 父親がいたと行なう。それでも年数が経ち、現に介護が必要になった父親に「施設に入りますか?」といったところでまずまず自分で進んで入居支度を進める人はいません。
現にどうしたらいいのか?特に自宅から通所で利用できるデイサービスとして出先での居場所を作ったり、施設に対する抵抗を潰すために必要であったりします。その後、短期間のショートステイを利用しいる家族と短期間離れて生活行なう。そしてだんだんと終の棲家となる老人ホームなどを探して出向くケースが多いのです。
しかし、デイサービスにすら伺うのが辛く「行きたくない!」「お休みします!」といって家から出られない人もいます。ゆるゆる慣らし、介護職員との距離を縮めながら自宅から 外へ出てデイサービスに出向けるよう家族やケアマネジャーと相談しながら働くことも大切です。
デイサービスは大半が朝から利用ですので朝のせわしない時間に「行かない!」と騒いで抵抗する親にはなんとなくイライラして「手早くでかけて!私も仕事出向くの!」「なんで今日は行かないのよ?一際家にいないで!」なんて言っても逆効果だ。お互いに心に傷がつくだけです。
その場合相手の立場になってお話することのほうがすこぶる効果的です。「あそこの施設はお昼ご飯がうまいって有名よ!一層お昼ご飯もたべにいって味わってきたら?」「この日は何だか帰りが遅くて、お父さんといられなくて心配なんだ。いってもらえないかい?」と落ち着いて親の事を考えたひとことで とても親の態度が覆り、途端にデイサービスに通ってくれるようなることもあります。
それと同じように施設に入居することを促す場合も同じです。
家族がやっぱ苦しく言い難い場合はかかりつけのお医者さんにお願し、施設入居を進めて味わうことも一案だ。
日頃からお世話になっているお医者さんに言われれば、昔の人なら一段と「これははたして入居しなくては。」というケースが多いのです。
最後の日までそばにいて自宅で介護をなる家族も素敵です。それでもごく一部の人しか許されません。
きちんとしんどいのです。親の介護がはじまったらそんなに遠くはないかもしれない未来を考えて介護や施設入居を頭に浮かべ家族で理解し合うことはいよいよますます 必要になります。http://www.risas.nl/