介護は引け目の固まり?

世の中には親の介護をしながら多々思い悩む家庭が多くあるのはご存知でしょうか?
親の介護はその度合いによっても様々ですが、自らトイレまで走り回り用を足せなくなると途端に家族は今後のことを編み出し「クリニックにもう入居かしら?」というようになるケースがあります。
自らトイレに行けないは、トイレに入るまでにも誰かが歩いて有りそうか、または車椅子を押して家のトイレのドアまで連れてってあげたりするのかズボンは下ろせるのか?下着は濡れていないか?手は洗ったのか?など何だかんだ気にかけなくてはなりません。自宅のトイレや廊下はバリアフリーでないところも多く細いため車椅子では移動しにくい環境の家だらけだ。
その間に尿や便が排泄されてしまいトイレに間に合わないということもあります。となれば共に布団を汚す、衣類を汚す、紙パンツを汚す、家を汚すとなると異臭で途端に家が臭くなります。これは適切ストレスだ。
本当に体験しなければその辛さはわからないでしょう。
ケアマネージャーに相談すれば「では施設入居を検討しますか?」と声が掛かるでしょう。各家庭の事情に合うクリニックを選び入居の手続きなどを行い、決まれば場合によっては直ぐ入居できます。
ところが大事な親を本当に施設へ入居させるとなると引け目が起きてくる。「親を捨てた。」という気持ちになりへこむ人もいます。
しかしはなはだそんなふうに思いますか?
親と子で共倒れを通しても何の意味もないのです。世話を罹る家族も自分の子供が介護疲れをしていたら「これからいいよ、有難う。」と施設入居に前向きに考えるのはないでしょうか。世話をする家族の人生も同じように大切なのです。愛情が憎しみに変わることもありますが、それが殺人を起こすきっかけにもなりかねません。
介護保険制度をつぎ込み、施設入居に入り介護サービスを受けるのも介護保険サービスの一つなのです。
専門家である医者、ナース、介護職員はお婆さんの世話をするプロですので、でいないことは素直に任せ、悩みは相談し解決していきましょう。まずはデイサービス、ショートステイなど依然として利用していなければとにかく通ってみてクリニックへの抵抗感を取り除いて下さい。参照サイト