中学生の学力をアップさせる方法。ポイントは社会から攻める!�A

そして、更に受験時を考えた時にも学力アップとして、社会という科目は即効性が良いという事がいえます。
どういう事かというと、社会や理科といった教科に関しては、定期テストと、高校入試の問題を比較した場合、類似しておる事が多いという傾向があるのです。

ですので、こちらの教科に関しては、教科書や学校のノートを見返して丸暗記するといった方法よりは、学校の問題集を徹底的に掘り下げて、繰り返して出向くという方法が、やけに効果のある学習方法といえます。

1教科も成績が上がれば、モチベーションも高くなり、他の教科への取り組みも捗って行く事でしょう。

ですが、ここで1つ気になっている方もいるかもしれません。
”わが子の学校では、問題集なんて配布された事が弱いわ”…というご家族様。

学校によっては、問題集という物が配布されていない所もあるかと思います。そんな場合には、こういう効果を得る事は出来ないのか…と不安に思っている方。ご安心ください。

もしもそのような場合には、書店で販売されている『定期テスト用の問題集』というのが発売されています。こちらを購入しましょう。
こちらの問題集を得る事で、同じ方法を取る事が可能となります。

●ポイント2:適切な方法で、問題集による●
ポイント1では、社会という科目から始めて赴き、その際には学校の問題集の活用が、成績アップの近道です事をお伝えしました。
すぐに点数をアップできる科目から攻めて赴き、やる気を膨らませて出向くという事です。

では、どのような方法で問題集によっていけば、成績向上へと繋がっていくのでしょうか。

実は、素晴らしい暗記方法というのがあります。
社会では、暗記していて得点を得られる教科。
考えて解いていかなければならない科目ではありません。

『試験ままどれだけ忘れずにいられているのか』
が、大きく命運を左右していきます。

つまりは、記憶として頭の中に答えが留まっていられれば、学校の試験も、受験も点数を獲得できるという事です。

この方法を取り入れない手はありません。
問題集をどうして活用し、上手く暗記していくのか。暗記の練習法をマスターしましょう!

という事で、次の記事では、問題集の使い方について解説していきます。http://メタルマッスルhmbなら.xyz/